貴方の愛車を蘇らせます スポイラー フェンダー ルーフ

ROMチューン

ROMチューンとは??
ECUの書き換え、マップ書き換えによってエンジンレスポンスが向上する。

画像はオリジナルデーターをROMライターで読み込むために外した時の画像。書き換えはOBD2ポートからです。【600cc700cc450・452】作業時間20分前後です。

イギリス・ドイツ・オーストリアECUチューニング専門会社に依頼、1ROMチューン当たり30個以上のファイルの中から私が納得できるものを選びました。
ROMチューンにおける燃調及び点火時期変更の重要性
ターボプレッシャー圧を書き換えるわけではなく燃料の噴射量、点火時期を低速から高回転まで最適な数値にするのがROMチューンの基本となる部分になります。
ABS・ESP等変更してないのでDAS診断機も通常通り使えます。
この作業が、エンジン出力向上につながり、 レスポンスの高い乗りやすくスピードの出るスマートに生まれ変わります。

当店のROMチューンには大きく分けて2つあります

ROMチューン【City】(街乗りの走りを想定)
レブリミットの引き上げ、ブーストUP、スピードリミッター解除。街乗りを想定して作成したチューニングです。
ODB2よりコーディングします。
DAS診断機による診断及びクラッチリセット致します。

  • 中古車お買い上げのお客様は特別価格で行います。
  • 以前に当店で中古車お買い上げのお客様も特別価格で行います。
  • 2回目以降のバージョンの違うチューンされる場合は、追加料金5千円〜1万5千円!

下の左側の画像は600ccMC01MをROMチューンする前のもので、ブースト圧0.8。
右側の画像はチューン後1.1まで上がってます。(600ccMC01M)
ブースト圧1.0以上になるとかなりパワーの変化が感じられると思います。
700ccブラバスやロードスターならさらに差が出るので違いは歴然です。
【チューン会社スペック】
HP・55hp⇒80hp
トルク・80Nm⇒140Nm
Top Speed・135/h⇒160/h〜

ROMチューン【Racing】ハードチューニング(サーキット走行を想定)
Cityバージョンとの違いはシフトチェンジの改善とパワーアップです。
さらに乗りやすくなりますよ。初めっからドーン!っと来る感じです。
参考にピーク時のブースト圧画像載せてますがあくまでも参考です。測定は1速から2速に上がる数値ですから坂道とか4速5速で引っ張ると数 はもっと上がります。ブースト圧=パワーでも無いと思いますがブースト圧で変わるのも間違いないです。
右下の画像は、700ccブラバス4速まで引っ張ったブースト圧です。

車のコンディションの悪い車両は行わない方がいいです。チューンする前に診断機で調べます。オイルの消費の激しい車もお勧めできません。
診断機当てて車両状態によってはROMチューンができない車両がありますのご注意ください。
【遠方から来られた場合など申し訳なく思いますがご了承ください。】
すでにROMチューンされた車を行った場合変わらないと感じる場合があります。 ROMチューン後セーフモード【ターボがかからない】に入ってしまう場合、ターボ関係のホースを交換しないといけない場合があります。【部品代1000円前後】
ブースト計を取り付けるのもいいと思います。当店取り扱いのブースト計はピークホールドが付いてるので走った後最高圧力が後でわかるので便利で、よく利用します。Cityチューニングでの圧、Racingでの圧、インテークやブーストホース変えても変わりますよ。ノーマルが0.7〜0.8圧だったのものがROMチューン後は1.3圧以上まで上がる車両もよくあります。こうなると高回転で伸びが有りますね。ロードスターならブースト圧1.5オーバーになると思います。

※ROMデータの複製等禁止致します。
※ROMチューンは競技用チューニングです。

プラグ

プラグ
部品代7,776円+工賃4,260円【割引価格】

インテーク、ブーストホース、ターボホース

インテーク、ブーストホース、
ターボホース

部品代19,764円〜工賃10,800円【割引価格】

他オイル交換・オイルエレメント・エアエレメント

他オイル交換・オイルエレメント・
エアエレメント

対応車種

600c・Kクーペカブリオ

600c・Kクーペカブリオ

700ccクーペ/カブリオ/ブラバス

700ccクーペ/カブリオ/ブラバス

700ccスマートロードスター

700ccスマートロードスター

オーバーホール関連商品はコチラ